喉の痛みがあるときのハーブ

のどの痛み

のどの痛みは、冬と季節変化の代表的な疾患です。それは、咽頭粘膜の刺激であり、いくつかの原因が考えられます。ウイルスやバクテリア、あるいは温度変化、エアコン、乾燥しすぎ、または湿気の多い空気などの可能性があります。

いずれにせよ、のどの痛みは非常に迷惑な症状ですが、それは天然成分とうがいによって簡単かつ効果的に緩和することができます。

喉の痛みの場合にすべきこととしないこと

私たちが咽頭炎や喉頭炎に襲われたとき、そもそも、それは一日を通してたくさんの水を飲んで、炎症を「洗い流し」そして体を水分補給することです。あなたが喫煙者であれば、喫煙をやめるのは良いことです。喉の痛みがある場合の良い習慣は、最初の症状が現れたらすぐに歯ブラシを交換し、いったん治って不快感を過ぎると、細菌によって「汚染された」ブラシを捨て、そうでなければ再度感染する可能性があります。 多すぎる湿気のある場所、あるいはその逆、乾燥しすぎた場所でスポーツをするのは避けてください。寝室には、除湿機があると便利です。

喉の痛みのためのハーブティー

喉の障害に伴う刺激や乾燥を軽減するのに役立ちます。

マロー

マローの花と、特に葉は粘液に富んでいます。活性成分は、刺激物から身体の軟組織を保護粘着性の粘液層でコーティングすることにより作用します。

このため、マローの使用は上気道のカタルに最適です。 咽頭炎、喉頭炎および気管炎、膿瘍、歯肉炎および口内炎のような口腔のすべての刺激において喉を潤わせます。

マーシュマロー

マーシュマローの根の抽出物は、デンプン、ペクチン、糖質、脂肪、タンニンと粘液を含み、軟化するため粘膜を保護します。

このため、それはあらゆる形態の炎症の治療に適応されます。私たちの体の柔らかい組織で起こるハーブの鬱血除去および防腐作用は、咳や風邪などの気道障害の治療に効果的。喉の痛みや膿瘍、口内炎、歯肉炎などの口の刺激がある場合にも有用です。

セージ

セージベースのお茶は、防腐性と精油の存在により、あらゆる形態のカタルとの闘いに効果的です。

このため、風邪、咳、のどの痛みなどの呼吸器疾患の治療に使用されています。

のどの痛みのときにうがいをするレシピ

のどの痛みのためにうがいをすることは、粘膜を消毒し消毒することができるいくつかの液体製剤を刺激する咽頭の部分と接触させることによってなされ、灼熱感および痛みを和らげます。

いくつかの人気のレシピがここにいくつかあります:

レモン水のうがい

レモンは非常に細かい抗菌作用があり、喉の痛みも治療します。

作り方:うがいをする場合は、レモンを半分絞り、新鮮な水に溶かします。食事の後、うがいを、一日に三回。ほんの数時間後に安心が感じられます。

エキナセアのうがい

エキナセアは、のどの痛みや影響が豊富な時期には重要な味方です。ハーブティーとして使用されることに加えて、のどの痛みのためにうがい薬にも役立ちます。

使用方法:エキナセアのハーブティーで、朝と夜にうがいをする。

[pt_view id=”5f073c1syl”]

メニューを閉じる