プラスティックは肥満の原因

肥満を決定する要因は通常貧しい食生活、座りがちな生活様式および個人的なフィットネスに関連しています。しかし、アメリカの研究は、先進国に属する人口のますます大きな部分によって過剰な体重超過の原因を評価する際に考慮されるべきである要素を明らかにしました。それは毎日の代謝の適切な機能を損なう可能とみなされる物質のような、ビスフェノールA。

ビスフェノールAは、世界的に使用されているプラスチックに含まれています。私達は毎日接触しています。例えば、食品容器。この物質はまた、哺乳瓶の製造に使用されるプラスチックにも以前から存在しており、ヨーロッパでの販売は2011年6月に禁止されています。

でも子供たちのために設計された製品中のビスフェノールAの使用は、残念ながらまだ広く生産されています。さらなる科学的調査はまた、たとえ少量であってもビスフェノールAが肥満や糖尿病などの疾患の発症とどのように関連しているのかを示しています。

ここ数カ月の研究では、ビスフェノールAは既に受精能に影響を及ぼす可能性があると考えられている物質の中に含まれていました。男性と女性の生殖器系だけでなく、私たちの体からのホルモンのインスリンの放出にも内分泌攪乱作用を検出した特定の研究が今も行われています。ビスフェノールAによるこの行動は、Miguel Hernandez大学の Angel Nadal による専門家による研究によって明らかにされました。

ヒト細胞で行われた実験室実験は、いったん血流に放出されると、ビスフェノールAはホルモン受容体を欺くことができることを示しました。そして、それはこの物質をインスリンレベルの調節に責任がある天然のエストロゲンと交換します。このため、有機体は実際に代謝作用に必要な2倍の量のインスリンを放出するように促されます。この欺瞞的なプロセスに対する生物の感作の結果として、それはそれがそれが2型糖尿病のような障害を何人かの対象において誘発することができる規範よりもはるかに高いインスリン量の毎日の放出を生じることがあります。そして、体重を常に増やしてしますのです。

我々の体内へのビスフェノールAの導入は、そのような物質を含むプラスチック材料の飲料及び食品との接触を通して起こりえます。このため、食品と接触しないようにプラスチック材料を使用しないことを認識するようアドバイスしています。一般的なプラスチック容器は、ガラスに移し替えるとよいでしょう。

メニューを閉じる