アレルギーのためのハーブティー

皮膚、呼吸器、心身や食物アレルギーのために、ハーブは苦しみや煩わしさを軽減するのに役立ちます。

アレルギーは、アレルゲンとして知られている特定の物質との接触(空気、食物による)に不均衡に反応する免疫系の疾患です。

自然界で最も一般的なアレルゲンは、花粉、ダニ、昆虫毒、カビや酵母、いくつかの食品や薬です。 これらのアレルゲンが引き起こす可能性がある反応は多かれ少なかれ深刻です。

鼻づまり。鼻、のど、口、唇のかゆみ。まぶたの腫れと涙目のかゆみと発赤。鼻水とくしゃみ。発疹と発赤を伴うかゆみを伴う皮膚。胃痛、悪心および嘔吐を伴う下痢。咳、息切れ、喘鳴、喘息などの症状が現れます。

しかしながら、アレルギーを治療するための多くの自然療法、特に、うっ血除去、抗炎症剤、防腐剤、免疫刺激剤、低刺激性効果のあるいくつかのハーブティーがあります。

発疹には:

ごぼう(バードック)

ゴボウは、じんましんや同様のアレルギーなどの皮膚の炎症を落ち着かせるのに優れており、免疫システムを刺激し、炎症を抑制します。それはまた胃、肝臓および尿路の刺激を軽減するための有効な薬剤です。
レシピ:約4gのバードックの根を100mlのお湯を注ぎ、約10分間浸出。
ハーブティーを、滅菌ガーゼに浸して、皮膚に外用することもできます。
飲み方:朝起きるとすぐに、朝の朝食前に1カップを飲む。
バードック:抗炎症剤、防腐剤、スキンケア

呼吸、鼻づまりには:

タイム セルピルム

特徴:タイム とタイムの仲間でマイルドな風味の、セルピルムはすべての呼吸器アレルギー、特に粉塵アレルギーに有効です。うっ血除去薬で、鼻やのどや粘液や痰を取り除きます。
レシピ: タイムをスプーン1杯ほどカップに入れ、1杯のお湯に10分間ハーブを浸し、ろ過。
飲み方:食事直後に、1日2回飲みます。
タイム:鬱血除去剤、去痰薬、低刺激性。

アレルギー全般には:

マロー

アオイ科植物、特にマロー(マローブルー)の葉の利点はたくさんあり、その使用はほぼ無制限です。それは粘膜の保護膜を形成し、アレルゲンからそれらを保護するので、粘液が豊富なのは子供の鼻洗浄にも必要です。その繊細な香りとなだめるような特性は気道の炎症を落ち着かせます。この方法は、適切な消毒と防護対策を確実にするために、午前中、午後と夕方に行います。

スムーズノーズ ハーブティー

スムーズノーズ

セルピルムがベースのハーブティー。
鼻水が止まらないときに。

スムーズブレス

スムーズブレス

マローとセルピルムがベースのハーブティー。
鼻づまりで呼吸が苦しいときに。

メニューを閉じる