ウコンと脳の老化

ウコンは台所の香辛料としてだけでなく、多くの体の病気、変性疾患、そして脳老化に対する自然の治療薬として根を使う植物です。

ウコンは、ウコンの根茎の粉砕から得られる香辛料です。ウコンは、実際にはインドのような東部諸国に自生していて、アーユルヴェーダ医学で使われてきた自然療法です。東部の国々でのその一般的な名前はウコンであり、この香辛料は伝統的で多くのインド料理や民族料理で広く使われています。

ウコンは黄色で、非常に特徴的で辛甘い味の粉末として販売されています。しばしばカレーと呼ばれるスパイス混合物の中にウコンを見つけます。そしてそれは確かにカレーに黄土色を与えるのはこのスパイスです。

最新の科学的研究から、ウコンは老化から脳を保護するのに役立ち、パーキンソン病やアルツハイマー病のような老年期に典型的な他の病気と戦うことが述べられています。

抗炎症クルクミンはウコンに含まれる有効成分です。クルクミンの最初の有益な特性は、その抗炎症作用に関連しています。私たちの体の炎症に対するこの効果は、退行性疾患の発症を遅らせ、一般的に私たちの体の倦怠感のリスクを下げるために不可欠です。クルクミンは、私たちの体の炎症メカニズムの主要な活性化因子であるNF-κB因子に作用します。細菌性またはウイルス性の攻撃または外傷、過度にストレスのかかる身体活動または誤った食事は、フリーラジカルおよび炎症性タンパク質の形成をもたらす炎症性カスケードを活性化および誘発する可能性があります。その有効成分クルクミンとウコンは、この要因をオフにすることができ、したがって本当に効果的な方法で抗炎症剤として機能します。これは、特に変性性の病気の発症から私たちの体を守るための基本となります。

抗酸化クルクミン

抗炎症作用に加えて、クルクミンも優れた抗酸化作用を持っています。事実、クルクミンは細胞の老化の原因となるフリーラジカルを中和します。この作用は、ウコンの脳への保護作用の根底にあり、それに対してだけではなく、体のすべての組織に対しても作用します。クルクミンはこのように体の酸化を減らすことができて、私たちを若く保つのを助けます。

酸化ストレスは多くの疾患、特に神経変性の原因であり、そして述べたように、細胞老化の主な原因です。

記憶を助けます

ウコンはまた、アルツハイマー病やうつ病などの病気に対しても直接的な作用を示します。実際、私たちの脳には無数のつながりがあり、さまざまな脳の領域では継続的なコミュニケーションと開発が必要であることを知っておく必要があります。これをするために私達は私達の脳の成長に正確に役立つ脳由来神経栄養因子と呼ばれる特定のホルモンが必要です。 ウコンに存在するクルクミンは、この特別なBDNFホルモンの産生を刺激する直接的な作用を持っています。したがって、この因子が高濃度であれば、脳の脳機能は健康に保たれ、脳老化のさまざまなプロセスが遅くなります。 したがってクルクミンは記憶を助け、脳機能を活発に保ちます。

クルクミンとアルツハイマー病

このようにクルクミンは人間の脳機能と記憶を刺激します。特に、この作用機序は、年が経つにつれて脳の神経接続を低下させるタンパク質を止めるその能力に関連しているようです。これらのタンパク質はベータアミロイドと呼ばれ、特にアルツハイマー病および他の老年期の疾患の発症に関連しています。認知症は、多くの場合、アルツハイマー病の形態として記憶力の衰え、話したり理解することができない、難易度の物体を認識し、その機能やドアやドレッシングを開けるなどの日常のタスクを実行する能力の最終的損失です。この疾患は、大脳皮質におけるニューロンおよびシナプスの機能不全から生じます。クルクミンの作用は、その抗酸化能力、その抗炎症能力、そして脳内の神経結合の変性を止めるその能力のおかげで、この特定の問題を予防することができます。

ウコンの使用が日々であるインドのような国々の統計によれば、そうでない他の国々よりもアルツハイマー病のような病気の発生率がずっと低いと考えてみましょう。だからあなたの食事にこのスパイスを取るのは良い習慣でしょう。
専門家によると、ターメリックのこれらの複数の利点を得るために1日300〜500mgの消費が推奨されています。その摂取は多くの神​​経変性疾患を予防するのを助け、そして私たちができるだけ長く私たちの脳を若く保つことを可能にするでしょう。

ウコンのコラム

メニューを閉じる