脚のむくみにブッチャーズブルーム

静脈瘤は主に脚に影響を及ぼし、下肢の腫れや痛み、けいれん、チクチクする毛細血管や壊れた毛細血管を伴うことがあります。

これらの障害の主な原因は、座りがちな生活の中、長時間長く立つことの過剰さ、体重の超過、そして誤った生活様式の中にあるはずです。

幸いなことに、足を保護し、静脈瘤の問題を防ぐのに役立つことができる多くの自然療法があります。

ブッチャーズブルームとは何ですか?

ブッチャーズブルーム(和名ナギイカダ)は足のために非常に有用である小さい低木です。サポニン(ルスコゲニン)、タンニンおよびフラボノイドが豊富なその根茎は、静脈に対して強壮剤および保護作用を有しています。それは血管の組織の張性の自然な維持を助けます。そのため、脚の静脈不全、静脈瘤、浮腫、痛み、重症化、下肢のけいれんなどの血行不良に関連する問題の自然療法として有用です。

どのような自然療法で使われますか?

ブッチャーズブルームは、ハーブティー、乾燥抽出物の形で、内服用に使用できます。クリーム、軟膏、ゲルなどの外用にも。

完全な自然治癒のためには、内部と外部の2種類の治療法を組み合わせることが推奨されます。このようにして、効果はより大きくなるでしょう。

内部使用:

ハーブティーは、大さじ1杯のブッチャーズブルームを250mlの水で約10分間煮沸して煎じ薬を調製することをお勧めします。その後、さらに10分間休ませて濾過します。1日に2-3杯飲みましょう。

外用:

市場には、ブッチャーズブルームのエキスをベースにしたクリーム、軟膏、ジェルがあります。それらは、静脈が非常に明白で突き出ているところであまり強く押さずに、ゆっくりと円を描くようにして下から上に向かって足に当てるべきです。

警告と禁忌

吐き気や嘔吐の問題は、植物のタンニン含有量が原因で発生する可能性があります。

それ以外は、ブッチャーズブルームは非常に安全な植物だと考えられています。

しかし、妊娠中や授乳中の使用は、胎​​児への影響に関する情報が不足しているため避けるべきです。

他のハーブとの可能な組み合わせ

静脈瘤の問題を自然に解消するのを助けるために、ブッチャーズブルームは循環と脚に有益な特性を持つ他の植物と組み合わせることができます。これが最も重要です。

ヤロー:血管に抗炎症作用を及ぼし、血行を改善します。
ゴツコーラ:血管壁上および毛細血管に向かって強壮剤、保護剤および強化剤として作用。静脈瘤および潰瘍や静脈瘤静脈炎などの合併症の場合には、静脈不全に対抗するための補助剤として必要とされています。

メニューを閉じる