高血圧のためのハーブティー

高血圧に対抗するために、いくつかの薬草茶を当てにすることができます。

高血圧 の安全レベルを超えた場合は、規格で考慮されている値にできるだけ戻す必要があります。

幸いなことに、最も深刻な状況であっても管理するのに役立つ薬はたくさんあります。しかしながら、その解決策が必ずしも薬局において求められなければならないとは言われません。実際、最初のステップは常に栄養を含む生活様式に基づいて行動することです。

幸い、薬の服用が必須になるほど血圧が高くない場合は、ハーブティーなどの自然療法を利用して、薬を管理しようと試みることができます。

ハイビスカス(Hibiscus sabdariffa

ハイビスカス は、西アフリカの多くの文化で様々な薬用として伝統的に使用されてきた、高血圧に対すて最もよく研​​究されている薬草療法の1つであり、その効果の根底にあるメカニズムも仮定されています。その効果は、特に血管に対するリラックス作用によるものです。

ある臨床試験では、その抽出物の1つの摂取量を降圧薬の有効成分であるカプトプリルの摂取量と比較し、2つの治療法が高血圧の低下と耐容性の点で完全に同等であることを示しました。

ジンジャー(Zingiber officinale

ジンジャーは、広く普及し、アジア原産のスパイスは改善血液の循環をし、血管に関連した筋肉を弛緩させます。

メニューを閉じる