天然下剤:便秘の可能な解決策

自然下剤は 合成よりも同等に有効です。実際、後で見るように、時にはアントラキノンなどの非常に活性な物質が含まれている場合がありますが、注意が必要です。

また、自然は無害と同義ではないことを覚えています。自然な下剤は、実際に正しく服用しないと禁忌と非常に深刻な副作用を示すことがあります。

では、便秘と便秘の最良の自然療法を見てみましょう。

天然下剤

ほとんどの場合、腸の健康は栄養に依存するので、便秘の問題に対処するためにそれを修正するだけで十分な場合があります。

したがって、腸の規則性を促進するには、繊維が豊富な食品を優先する必要があります。

洗練されたものではなく全粒穀物
新鮮な果物と野菜
ドライフルーツ
肉とチーズの代わりにマメ科植物
野菜の中では、季節に応じて最適なものはズッキーニ、カリフラワー、ほうれん草、ビート、キャベツ、レタスです。

果物の中ではなく、季節に応じて、キウイ、プラム、調理済みおよび未加工の両方、梨、リンゴ、イチジク、イチゴなどを好む方が良いでしょう。

1日に約2リットルの水を飲むことも重要です。実際、繊維の有益な活動を促進し、腸内の糞塊の量を増やし刺激します。天然水は、好ましくは室温で、マグネシウムと硫酸塩が豊富な場合は、緩下剤の性質のために飲むことをお勧めします。

下剤特性を持つ植物ベースの製品の使用は、栄養に関連している可能性があります。

最高の下剤ハーブは何ですか?

作用のメカニズムに関連して、便秘の場合に使用できる植物は、 3つのタイプに分けることができます:

質量緩下剤:腸の質量の増加を測定することができ、それにより糞便の自然な通過が促進されます。彼らは、次のような粘液が含まれているハーブから作られています。マロー(ウスベニアオイ葉と花)マーシュマロー根オオバコ(ヘラオオバコの葉)

浸透圧性下剤:腸管腔内の水を多くすることで、これにより糞便が柔らかくなり、排泄が促進されます。それらの中には、マンナ(樹液の粉で塩のよう)とマグネシウム塩があります。

接触性下剤:、センナ、アロエベラ、カスカラ、フランジラ、ルバーブ、ヒマシなどのアントラキノンを含む薬物で構成されています。アントラキノンは、粘膜の刺激により腸の運動性を刺激することができる物質であり、非常に効果的ですが、短期的には、腸粘膜の慢性炎症、下痢、依存症、依存症などの深刻な問題を引き起こす可能性があります。日本では、これらすべてのハーブは、厚生労働省管轄の薬事法ですべて薬剤のため、製薬会社以外の取り扱い販売はできません。

禁忌

アントラキノン植物(接触性下剤)は、攻撃的で非常に強力な作用があるため、絶対に禁忌です。


マロー葉と花について

当店で販売の、マロー(ウスベニアオイ花葉)マーシュマロー根オオバコは、腸を刺激することなく作用を発揮するため、アントラキノン植物を含まず、浸透圧的かつ大量に作用するハーブとして安全に利用できます。 

ウスベニアオイの花は、色として楽しめるハーブですが、このウスベニアオイのマローは、WHO、EU薬局方とも、葉のほうの効用を認めています。当店では、バイオダイナミック有機の葉花のマローを、取り扱いしています。

 

オオバコの違い

このオオバコは、下剤として使用されているオオバコ。

 

下のオオバコは、日本で、オオバコのお茶としてよく見かける種類。

 

マンナについて

マンナは、塩のようなもの、です。マンナの樹皮の間からあふれる樹液を乾燥させて粉末状態にしたものです。マンナは大人1日20-30g必要摂取量となりますので、食するには味噌汁や野菜炒めなどに混ぜるなどするとよいかとは思います。ご希望の方がいらっしゃれば、お問い合わせください。

 

 

メニューを閉じる